空室カレンダー 空室状況 宿泊プラン一覧

川端康成〜岐阜を舞台に初恋をつづった物語〜

ホテルパーク館内 川端康成のコーナー
【ホテルパーク館内:川端康成のコーナー】

 初恋は、なんと岐阜が舞台です!

 川端康成は大正10年に3回にわたり岐阜を訪れています。
 岐阜の初代さんとの初恋、
 そして、結婚までを「篝火」「非常」「南方の火」の
 短編小説に描いています。
 若き川端康成が、初代さん(小説では、みち子さん)
 とたどった足跡を訪ねる、『文学の散歩道』はいかがでしょうか
【左から】川端康成 伊藤初代 三明永無



■みち子(伊藤初代さん)の住む岐阜の町

「篝火」は、”岐阜名産の雨傘と提灯を作る家の多い田舎町(稲葉郡加納町六・現在の岐阜市加納新本町一)の澄願寺(西方寺)には、門がなかった。”ではじまる。


■澄願寺(西方寺)

私(川端康成)は、友人朝倉(三明永無氏)と共に、みち子(伊藤初代さん)が養女となっている澄願寺(西方寺)を訪ねた。

大正8年に本堂の再建が開始され、初代さんのいたときは普請の最中で、同15年に完成しました。その本堂は昭和20年戦災で消失し、今の本堂は昭和30年に建てられたものです。


■岐阜公園

「この頃、岐阜に何か見るものありますかね」 「さぁ、公園はご存知だろうし、柳ケ瀬−柳ケ瀬の菊人形はもう始まってるのかね」


■加納天満宮

暫くしてみち子は、近路だと、小さい天満宮の境内へ折れていった


■港館 (ホテルパーク)■

電車を降り、三人は前回訪れた「港館」へ行く。ところが、9月25・26日の台風で被害を受けて営業を休んでいた。

現在の「潟zテルパーク」です。「南方の火」には1ヶ月ほど前「港館」へ入った時のことが書かれています。川端は時雄、三明氏は水澤、初代さんは弓子として登場しています。


■鵜飼

「あ、あの篝火は鵜飼船だ!」と私は叫んだ。・・・そして、私は篝火をあかあかと抱いている。焔の映ったみち子の顔をちらちら見ている。こんなに美しい顔はみち子の一生に二度とあるまい。


ホテルパークから鵜飼観覧船乗り場に行く途中の
ポケットパーク名水に建立されたのは、
若かりし日の川端康成さんと初恋の人伊藤初代さんの
「篝火の像」ふたり並んで、長良川にむかい
鵜飼船の篝火を眺めています。

若かりし日の川端康成さんと伊藤初代さん「篝火の像」
川端康成ゆかりの地
ホテルパークの歩み


オンライン予約ページへオンライン予約照会ページへ

スタッフブログ
結の舟 長良川遊び体験

長良川の川遊び体験

hotelpark english site

英語サイトがオープン

桜開花情報2015

2015年
長良河畔と岐阜公園の
桜情報をお届けします。


絶好の季節になりました。


長良川で地球と遊ぼう!


10月15日まで

1300年の歴史を受け継ぐ

伝統漁法を今に伝える

長良川鵜飼の魅力


公式Youtubeチャンネルです

長良川うかいミュージアム

鵜飼のことをいつでも学べる

ナガラガワフレーバー

岐阜の新たなる街

6つの香り漂う空間

岐阜市オフィシャルウェブサイト 岐阜公園ガイドマップ

岐阜公園ガイドブック(PDF)

周辺観光のご紹介

岐阜観光コンベンション 岐阜市漫遊

岐阜市の観光スポットや

季節のイベントを紹介

信長公パネル展示ご案内

川端康成ゆかりの宿ページへ

ホテルパークの歩みページへ

フォトギャラリーへ

ホテルパークのエコ活動

スタッフ募集

 


ホテルパークスマートフォンサイト